整備士の資格・教育

高い技術力で西鉄バスをバックアップ

国家資格整備士(自動車整備士)ってなに?

国家資格整備士(以下整備士)は自動車の点検や調整整備などに従事する専門技術者のことで自動車整備工場(国の認証や指定を受けた工場)には一定数以上の有資格者をおかなくてはならないことが法律によって定められています。
整備士には一級、二級、三級があり、三級受験資格のためには普通高校卒業で1年間の実務経験が必要でさらに二級整備士なら三級合格時より3年間の実務経験で受験ができます。国土交通省が実施する国家試験に合格すると資格を取得できます。
自動車整備工場などで車検・点検・整備・エンジンやブレーキなどの調整修理を行うのが主な仕事となります。

3級自動車整備士ができること

整備管理者になることができます。
道路運送車両法では、自動車の使用者は、常に自動車を安全な状態で使用できるよう点検・整備するよう義務づけられています。
しかし、使用する自動車の台数が多い場合や点検及び整備に関し特に専門的な知識を必要とすると認められる車輌を使用者が自ら管理することが困難となり、責任体制が曖昧になるおそれが出てくることから、使用者に代わってこれらを行う管理者を選任し、自動車の安全確保並びに環境保全を図るというのがこの制度の主旨です。

2級自動車整備士ができること

  1. 認証工場で認定工場の整備主任者になることができます。
    全ての自動車分解整備工場は、「認証工場」という事業許可資格を持っており、そこには必ず、整備主任者を置かねばなりません。整備主任者とは、分解整備を行う場合において整備に係わる部分が保安基準に適合するように整備作業を統括管理すると共に、分解整備記録簿の記載管理の責任者。この整備主任者の任命を受けられるのは2級自動車整備士以上の資格保有者のみです。
  2. 民間車検を行う指定工場の自動車検査員になる道が開かれている。
    整備主任者の実務を1年以上経験すると自動車検査員を受験する資格ができます。自動車検査員の資格を取得すれば、点検整備をした車両の保安基準に適合しているかを判断し、証明することが出来ます。

研修の種類

  1. 新人研修
    新入社員と中途採用の社員を対象に車の基礎知識からバス特有の装備品に至るまでの基本作業の研修を行います。
  2. 整備主任者研修
    高度な点検技術を保つため整備主任者は、年に1回技能確認テストを受験し技能の振り返りを行っています。また整備主任者になるための社内資格要件は2級整備士取得後1年以上の実務経験と大型1種運転免許が必要になり、自社が行う整備主任者登用試験(年2回実施)に合格して初めて整備主任者に選任されます。
  3. 新機構研修
    新型の装備品や複雑なシステム機器についての技術講習をメーカーと合同で行い、技術レベル向上を図っています。
  4. 階層別研修
    社内資格等級別に階層別の役割と責任を自覚する研修を行い、安全意識向上を図ると共にバス整備をとりまく環境等の研修を行っています。