LED式行先表示器

LED式の特徴

  1. お客様のご要望や、路線変更等の場合にはデータを注入する事により表示器の変更が速やかに出来ます。
  2. 全系統データを記憶させる事が可能になり、予備車の削減につながります。
  3. バス停通過後の経由地を消す事により、今まで以上に多彩な経由地表示が出来ます。

レシップ製の主な特長

  1. 超高輝度LEDを採用していますので、遠くからでも表示内容が確認できます。
  2. 西鉄独自のルーバー採用により、広範囲な視野角を実現しています。
  3. カラー方向幕をオプションとして追加する事により、利用者が行きたい方向を容易に判断することができます。

ランニングコスト削減

これ迄の方向幕とは異なり、豊富な行先情報をデジタルデータで管理できますので、幕の切り継ぎ作業が無くなります。マスターデータは当社が責任を持って管理致しますので、新車導入時に沢山の幕原稿を準備する必要もありません。
LED式導入に伴なって課題となる「見やすさ」については、輝度調光機能で解決致します。周囲の明るさに応じて輝度を変更することが可能であり、減光率はお客様の御要望に合わせる事が出来ます(※1)。西鉄オリジナルタイプは「見やすさ」のサービス面でも他社製品との差別化が図れます。