沿革

売上高実績年度推移

会社の沿革

旧西日本鉄道(株)整備事業部門
昭和42年

自動車整備事業に進出

昭和44年

北九州工場フレーム修正機導入

昭和45年

全国初のバス低床車試作

昭和47年

バス車両1台当たりの要員係数を制定

全国初の乗降口に4枚折戸の両開きドアを採用したワイドドアバスを導入

昭和55年

整備事業として初の黒字達成

昭和57年

バス全車両の車内冷房化完了

昭和58年

全国初扁平タイヤを使用した新型低床路線バス導入開始(70%扁平タイヤ)

夜行バス(ムーンライト)の整備開始

昭和63年

桧原分工場の開設

平成元年

那の津分工場の開設

バス車検工程の見直し(クラッチ・セル等個別管理へ)

技術員兼運転士制度の導入で多能工化

全国技能コンクール優勝

平成2年

土井分工場の開設

車検回送を営業所整備で実施

平成3年

鳥栖工場・赤間工場開設

タンクローリー機密検査開始

平成4年

恒見工場開設 コンピュータ導入、スポットクーラー導入

超低床バスを北九州電車代替バスに開発導入

平成6年

営業所整備の管理方式をフラット組織化

平成10年

ノンステップ大型バスの導入

平成12年

道路運送車両法の一部変更に伴い要員変更

車両法改正(45日自主点検実施)

平成13年

道路運送車両法の管理の一元化実施

平成14年

整備士を西鉄モータース(株)より出向受入れ開始

旧西鉄モータース(株)
昭和42年

自動車の修理並びに出光興産特約店としてガソリンスタンドの経営、軽油潤滑油の販売を主として設立

ワンマンバス清掃業務開始に伴いガレージサービス部発足

昭和43年

損害保険並びに自動車損害賠償法に基づく保険代理店業を開始

昭和44年

日本石油(株)と特約販売店契約を締結

昭和45年

バス部品部門の業務拡張に伴い商事部に福岡、北九州、久留米、筑豊の各営業所を開設

昭和50年

保険部門ではアメリカンファミリー保険会社と「がん保険代理店契約」を締結生命保険の分野にも進出

昭和55年

西日本鉄道(株)北九州線、宮地岳線の電車清掃業務開始

昭和59年

西日本鉄道(株)より福岡矢崎サービスを引き受け自動車計器類(タクシーメーター、タコグラフ)の販売を開始

昭和62年

三菱商事(株)と契約、第二電電(株)及び日本テレコム(株)の市外電話サービス開始

昭和63年

九州テレメッセージ(株)と契約

ポケットベル販売開始

平成元年

リース部門に自動車及び総合的な物件リース業務開始

平成3年

ショールーム及び本社事務所を新築

事務所の一元化を図る

平成5年

西日本鉄道(株)バスプリペイドカードシステム導入に伴い、プリペイドカード製造・販売開始

西鉄エム・テック(株)
平成16年

7月1日

西日本鉄道(株)整備事業本部と西鉄モータース(株)統合

「西鉄エム・テック(株)」設立

簡易型自動券売機開発および販売

平成18年

ISO14001(本社)認証取得

平成19年

ICカード『nimoca』の開発プロジェクトに参加

ICカード『nimoca』の機器の販売およびメンテナンス事業の開始

平成21年

東区箱崎埠頭にICカード管理倉庫を新築

ICカード『nimoca』のバス定期券自動発売機・継続機の開発及び販売を開始

平成22年

バス整備部 福岡中央整備課 博多貸切整備場を開設

平成24年

バス整備部 北九州整備課 青葉整備場を開設

平成28年

福岡市中央区大名二丁目4番30号 西鉄赤坂ビル7階へ
本社(総務部・経理部・通信事業係)移転